MENU

軽自動車へ白いナンバープレートを取り付けよう!!

日本のナンバープレートの種類・色にはいくつか種類がありますが、軽自動車を自家用として届出すると、黄色に黒字のナンバープレートとなります。

 

…そんななか、、最近、街で白いナンバープレートを付けた軽自動車を見かけたことはありませんか?

 

 

 

昔から軽自動車の車幅や排気量アップのカスタムを施し、普通車登録を行うことで普通車と同じ白ナンバーを付けている車両は稀にありました。

 

しかし、最近よく見るカスタムを行っているように見えない車両でも、白いナンバーを付けている軽自動車が街中で走っています。

 

…実はあれ、国土交通省が発行した「特別仕様ナンバープレート」に変更している場合がほとんどです。

 

黄色で見慣れている軽自動車が、白色だと大分印象が変わりますよね!

 

それでは、そんな軽自動車の「白い特別仕様ナンバープレート」について、詳しくご説明しましょう。

軽自動車の白い特別仕様ナンバープレートの種類

現在国土交通省が発行している特別仕様ナンバープレートには2種類あり、一つは「ラグビーワールドカップ2019」仕様のもの、そしてもう一つは「東京オリンピック2020」仕様のものです。

 

 

 

ナンバープレートを付けることで、大会を盛り上げていこうというキャンペーンの一環で、購入予定の新車や中古車、現在乗っている車に装着することができます。

 

ちなみに、装着タイミングは車検時のみならず、いつでも変更することができます。

 

これは軽自動車限定というわけでは無く、普通車(自家用・事業用)でも申請可能になっています。

 

デザインは2種類共に通常の普通車用ナンバーとして発行されるような真っ白なものでは無く、右上に各種ロゴが入るようになっています。

 

今後の展開としては、原動機付き自転車で採用されているような「ご当地ナンバープレート」が平成30年10月頃より交付される予定となっており、地域振興・観光振興への貢献が期待されています。

白ナンバー申請時の費用について

申請費用は、全国統一ではなく都道府県別に異なっており、例えば東京地区の場合、ラグビー仕様が7,000円。オリンピック仕様が7,210円となっています。

 

どの都道府県でもオリンピック仕様が若干高くなっているようで、これが徳島県になると、ラグビー仕様8,660円。オリンピック仕様8,990円という費用設定となっています。

 

実際に申請する際は、最寄の運輸支局などに事前に問い合わせることをおすすめします。

 

なお、ラグビー仕様もオリンピック仕様も「寄付金」というものがあり、申請時に1000円以上の寄付を行うと、デザインの施された図柄入りナンバーを選択することが可能となります。

国土交通省HPより(http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha06_hh_000068.html

 

この寄付金は大会開催会場への輸送力増強や、バス・タクシーのバリアフリー化等に充てられるのですが、特にオリンピックのものは全体に様々な色が入る特殊なデザインとなっています。

 

WEBでデザインを確認し、必要ないと感じる場合は無理に寄付する必要はありません。

軽自動車の白ナンバー【手続き・申請方法について】

軽自動車の白いナンバープレートの申請方法は大きく分けて2つあります。

・自分でWEB申し込みをする
・最寄のディーラーやモータース屋などの整備工場に依頼

 

上記が一般的な方法になります。

WEBからの申込み


自分で申請する場合は手持ちのパソコンで、図柄ナンバー申込サービスのサイトhttp://www.graphic-number.jp/】にアクセスし、WEBにて申し込みを行います。

 

この際、申込者の情報と車両の情報の詳細を入力する必要があるため、手元に自動車車検証を準備すると良いでしょう。

 

4ケタの登録ナンバーは現在使用しているナンバーを引き継ぐ方法と、希望ナンバーで好きな数字を選ぶことができます。

 

しかし、希望ナンバーの場合、「・777」や「・・・1」などの人気のあるナンバーは抽選となるため、抽選が外れた場合は再抽選を希望するか、別の4ケタの数字を指定するようになるので、注意が必要です。

 

入力した内容に誤りが無ければ、センターよりメールが来るので、そのメールに記載された支払い方法と金額を確認し、入金します。

 

この際、寄付をする場合は合計金額を入金するようにしましょう。

 

その後、入金が確認されると交換申請書がダウンロード出来るようになるので印刷し、必ず【ナンバープレートを交換する車】に乗って用紙を各地の運輸支局等に持ち込み、申請書に問題が無ければ予約センターにてナンバープレートが交付されます。

 

白ナンバープレートへの交換について>

黄色い旧ナンバープレートはその場で外し、新たに交付された白いナンバープレートへの付け替えが必要にります。

 

今まで付けていた黄色の旧ナンバープレートを取り外し、新しい特別仕様の白いナンバープレートを装着します。

 

軽自動車の場合は封印が無いので、プラスドライバーがあればねじ山がつぶれていない限り大丈夫です。ねじ山がつぶれている場合などは10mmのレンチ、もしくはペンチで対応できます。

 

ナンバープレートの取り外し・取付用に必用なドライバーなどの工具類も、プレートを止めるネジなどと併せて予約センターで用意されていますので安心です。

 

なお、古いナンバープレートはセンターに返納しましょう。

ディーラーでの申込み


ディーラーなどに依頼した場合は、面倒な申請をする必要は無く、書類の作成から申請、さらに運輸支局への車両の持ち込み、ナンバープレートの交換まで全て行ってくれるので、申請が面倒、また自信が無い方はこちらの方法を選択したほうが無難です。

 

ただし、手数料を取られる場合がほとんどですし、お店によって金額設定はまちまちですので事前に確認をしたほうが良いでしょう。

申請期間について

国土交通省のHPやチラシには申請期限についての記述が見当たらないのですが、陸運支局に問い合わせたところ、具体的な日にちは決まっていないものの、大会終了にあわせて申請できなくなる予定との回答をいただきました。

 

つまり、ラグビーは2019年開催まで、オリンピックは2020年開催までが申請期限となります。

特別仕様ナンバープレートのメリット


ナンバーを交換することの一番のメリットは、やはりその見た目である黄色から白色への変更によるデザイン性の高さでしょう。

 

ボディカラーによっては黄色いナンバープレートが浮いてしまう場合もあり、特にホワイト系のボディカラーであれば、背景が白いナンバーのほうが違和感無く馴染みます。

 

また、最近は軽自動車といえども、コンパクトカー並みの車格を感じる車種も少なく無く、軽自動車の黄色いナンバーを敬遠するドライバーにとっては、

「白いナンバーを付けることによって軽自動車に見られない!」

 

「購入車種の選択肢が広がる!」

…というメリットもあるでしょう。
さらに、ラグビーやオリンピックのロゴが右上の部分に入るので、他のナンバープレートには無い所有欲を満たす特別感を味わうことができるでしょう。

特別仕様ナンバーのデメリット


デメリットは、費用以外には特に無いと言って差し支えないでしょう。

 

税金は軽自動車基準から変わることはありませんし、よく心配の声を聞く高速道路料金も変更ありません。

 

ETCゲートはそもそもETC車載器セットアップ時に入力された車両情報を遠隔で読み取っているシステムなので、ナンバーの色までは識別出来ません。

 

強いて言うのであれば、ETC未搭載で有人の一般ゲートに進入し、さらに軽自動車に見えない車格だった場合は、普通車としての料金を請求させる可能性もあるので、事前に高速道路料金を確認しておき、もし料金が違っていた場合は車検証を見せるなどして訂正してもらう必要があるでしょう。

 

ただし、一般ゲートのスタッフも特別仕様ナンバープレートの説明を受けているので、こういったトラブルはほとんど起きないと考えて良いでしょう。

使い終わった後の処理

軽自動車の白い特別仕様ナンバープレートに、使用期限は設けられていません。

 

つまり、ラグビーやオリンピックが開催された後でも、使い続けることが可能となっています。

 

もし、通常のナンバープレートに戻す場合は、再度ディーラーに変更依頼をかけるか、運輸支局に変更申請を提出するようになります。

 

この際、新規ナンバープレートに関する費用、手数料が必要となりますのでご注意下さい。

 

取り外した特別仕様ナンバープレートは、センターに返却することはもちろん、不正使用防止の穴を開けてもらえば、記念に持って帰ることも出来ます。

 

いずれの場合も追加費用は発生しません。

いかがだったでしょうか!?

 

長年不変とされてきた、軽自動車用の黄色ナンバープレートのデザインですが、この特別仕様ナンバープレートが、規制緩和の第一歩となったのは間違いありません。

 

 

軽自動車はコスパが良く、普通車並みに大きく広い車種も最近では当たり前になってきました。

 

ただ、黄色のナンバープレートがダサくて、購入を戸惑われている場合も多かったはず。

 

今後は、白いナンバープレートの影響で軽自動車ユーザーも増えるのではと予想できますよね^^

 

 

白ナンバープレートへの変更にかかる費用はそれほど大きくないので…

 

人とは違ったナンバーを付けてみたい!
白いデザインが気に入った!

 

…という方は、是非、申請してみてはいかがでしょうか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

新車への乗り換え!…愛車の処分どーしていますか?ディーラー下取りよりも高確率で高額売却の可能性!賢くお得に中古車は手放しましょう!

 

車買取の口コミと無料の一括査定で上手に愛車売却!