私の自慢の愛車キャデラック・トヨタヴィッツ

MENU

私の和製キャデラック

私は2年前まではノアと言うトヨタのワンボックスを持っておりましたが、この車は高級車に乗っているような気分になりますが、燃費の問題とガソリン価格の問題で、現在のヴィッツ(2006年車で購入時期の走行距離は約5万キロ)の中古車に乗り換えました。

 

以上の問題点を除けば、当然ワンボックス車なのですが、いま手元に有るヴィッツもとても良い車だと思っております。

 

小さい割にはダッシュが良く気分は最高。

 

対向車とすれ違う時も、風の抵抗も少なく振られる事も小さく、安心して走れます。

 

 

用途としては、だいたい普段のお使いや友人たちと会う為に使っておりますが、年数回友人達と海つりに出かけたり、また遠出の小旅行などにも使用しており、結構活躍しています。

 

と言う訳で、釣り道具を積み込むには少しばかり窮屈な車ですが、乗り心地はいいです。

 

ただ難を言いますと、トヨタ車はどうしてか後ろが平たくしないのか不思議なのです。何か特許とかが絡んでいるのでしょうか。

 

そうでなければ小さくても使い勝手が良く、もう少し利用者の事を考えていただきたいのですが、無理と言うものでしょうか。

 

あとはダッシュボードとウインドーガラスの間が狭くて、手のひらが入らず拭き掃除にとても困ります。

 

今の新車では当然改良されているものと思いますが、そうでないと言うなら是が非でも改良の余地ありです。

 

世界のトヨタです、もう少し頑張って利用者がもっと喜ぶ車を作ってください。

 

車買取 口コミ